スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懺悔。


3年越しの企画絵が、今日付でやっと完成いたしました。

ここで一つ。懺悔というかなんというかうだうだ語ります。

当企画は、当時(旧名では+zia)相互リンクしてくださった方々の子達をお借りして
うさ耳を生やした絵を描く、というものでした。

沢山許可をいただいて、うっきうきだった当時の私は、下書き、ペン入れまで順調に進んで、年内(当時卯年だったため、因んで間に合わせよう)と励んでいました。

しかし、学校生活と絵の折り合いがだんだんとつかなくなってくるのがわかりました。デジタル絵も上手く塗れないし、アナログも時間がかかって勉強に支障が出る。
部活も忙しく、当時は恋い焦がれていた人がいて、絵に打ち込む時間がなくなっていきました。

下絵を見るたび、ああ、やらなきゃな、と思いつつ、何となく気分が乗らなくて、そう言った日々がずるずる続く。
そのうち、私は絵を描くのを諦めるようになりました。
上手く描けない自分が嫌だったし、絵に向かいたくない自分がいることも嫌でした。

先述したように、たくさんの方々からの許可を得ての大きな個人企画だったのにもかかわらず、私はその事実から逃げ出してしまったのです。

逃げた後も、罪悪感は残ったまま、しかし戻るのも何だかばつが悪い。
モヤモヤを抱えながら3年が経っていました。

企画を投げ出すのは絶対によくないことだし、勝手なことです。
自分で自分を責めたい気持ちはまだまだあります。

だから、こうして過去の自分が成し遂げようとしなかったことを今の自分が責任を持って遂げるべきだと、
気は正直乗らなかったのですが、こうして再びこのオリカビ界隈に戻って来ました。

出来ないことは最初からするな、というのが今回の教訓です。自分の力量をしっかり考えた上でこれから活動を再開するつもりです。

それでも、やはり自分の判断は自己満足な面があるかと思います。そう批判する人もいるでしょう。
確かに3年は長いです。でも、私がこうしてどれだけうだうだ言って悔やんでも戻って来ません。

だから、この先の活動で自分が、あるいは自分だけに出来ることを精一杯やっていきたいです。

あと、もう二つほどこの企画を終えて感じたことがあります。
時間をかけて絵を描くのはやっぱり楽しい、ということと、絵を描いて喜んでくれたり、応援してくれる人たちがいるありがたみです。
後者は特に、当時の私には、恐らく当然のことのように感じていたものなのかもしれません。

こうして、絵を描くことが楽しいと感じているのは、きっと私にとって良いことです。
なおかつ、私の描いた絵で誰かを喜ばせることが出来るのであれば、嬉しさもひとしおでしょう。
私は今後もオリカビを通してこの喜びを噛み締めて自身と絵を描く能力を成長させていきたいと思っています。

長々とかきましたが、こんな奴ですがどうか変わらず仲良くしてくださると本当に嬉しいです。
旧名、+zia、または芝崎。
名を改めまして魚眼(うおのめ)と申します。
初めましての方も、お久しぶりの方も、
今後ともよろしく、お願いいたします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。